谷津干潟から見る、日本に現存する湿地帯を知る

谷津干潟から見る、日本に現存する湿地帯を知る

干潟と言えば潮干狩り

代表的なレジャー

干潟は研究者として、近隣住民にすれば環境保護を優先的に考えた場合となると、やはり保全されるべきものとして清掃活動が行われています。そうすることで生物の営みは自然界のシステムが機能していればそれだけ多くの生物が干潟を拠り所として到来することも出来る。鳥類が訪れるために魚や貝類が必要なように、魚や貝類が主食としているプランクトンなどの微生物が存在していなければならないように、それぞれの役割をきちんと有することにより干潟としての真価がようやく発揮されるのです。

ですがそうした知識は基本的に考えなくてはならない人の仕事だ。一般の、研究職やそれに関する仕事をしていない人にすれば干潟という環境系が汚染・汚濁されていなければそれ以上に越したことはないのです。谷津干潟で市民も積極的に埋め立てに賛同したのも、そこから漂うとんでもないほど強烈な悪臭によって生活が出来ないほど苦しめられていた点が上げられる。この時もしも悪臭が及んでいない、ゴミなどの散乱物も見かけられない綺麗な干潟であれば誰も好き好んで埋め立てようとは思わないはず。ただゴミがひどくて悪臭を無くしたいから埋め立てに賛成、というのも話として考えれば少しおかしなところがあるだろう。例え埋めたとしても結局片したゴミをきちんと処理しなければならないのだから、ものすごく曖昧な答えが出てきそうだ。

昨今では干潟に対してのイメージが根本から変化したため、春から初夏にかけては大勢の人が干潟に訪れてある行事を行っています。バードウォッチングや干潟の生態系を研究するために採取調査を行っている、なんてことではなく最もらしい経済的な営みであり、ありふれた海のレジャーとしても親しまれている『潮干狩り』だ。これを楽しむために毎年干潟を訪ねているという人もいるでしょう。それくらい代表的なレジャーとして知られています。

水鳥を見に行こう

三和水道管理で給湯器 横浜交換をしたお客様は、例外なく無料5年保証がつきます。5年間の間であれば、設置した給湯器・熱源機・電気温水器等に何か不具合が生じた場合、ご連絡をいただきましたらすぐに伺い修理いたします。
商業車(ユニットハウス・パス)の買取ならおまかせください!《当社》長年の経験をいかした販売ルートで高価買取が可能になりました。

潮干狩りのイメージとして

さて、ここですこし潮干狩りについて考えてみようと思う。潮干狩りといえばそれこそアサリを中心とした海産物を集めて美味しく召し上がるために開かれている行事、というのが一般的な見解として間違っていないはず。古代の頃から貝類を採取していた人類の歴史を考えれば、潮干狩りはその頃より続く原始的な食料採取の1つとなっています。やり方としても熊手と言われる特殊な形状をしたスコップを使用して、海水で濡れた浜を捜索してアサリを中心に回収していきます。

回収していく中でアサリは勿論だが、先に話したアラムシロガイなどの貝類も見かけることがある。潮干狩りで採取されるのは基本、その人が食料として認知しているものに限定されているので、アラムシロガイなどを持ち帰って食べようとする人は早々いない。それこそツメタガイを持ち帰りアサリと同じクーラーボックスに入れようものなら、帰宅する頃にはツメタガイに全ての漁りが美味しくいただかれているという、労力が水の泡と化す展開もありえる。考えたくもない空恐ろしさがある、そうした危険もあるせいか人によっては貝の種類を知ってから潮干狩りに挑んでいる人も中に入るかもしれません。

時間との戦い

潮干狩りの欠点を挙げるなら、何と言っても時間との戦いでしょう。自然に作られた干潟にしろ、人為により作られた干潟にしろ、潮の満ち引きによってそこがいつまでも海水が上がっていないわけではない。そのため、潮干狩りをする際には潮の満ち引きがどの程度なのか、そのことにも気を配って行っていかないとならないのです。

また時期的に言えば炎天下とはいかないものの、日差しが強い中で行うことがあるため日焼け止めなどをしっかりしておく必要もある。また海の中での作業となっているので、水分補給が出来るようにペットボトルを携帯すると作業効率もそれなりに上がる。何だかんだで時間を忘れて没頭しているとあっという間に数時間が過ぎていた、ということもあるため迅速かつ丁寧に、貝類が沢山あるところを見つけなくてはならない。

潮干狩りしよう

システムキッチンやオール電化などさまざま。この数十年でキッチンの設備は大きく進化しました。京都市 リフォーム http://www.kyo-reform.com/長栄リフォーム事業部で賃貸マンションのキッチンをリフォームしてみませんか?

一種の漁業として

日本では潮干狩りはレジャーという性質が強い、しかしそれ以外の世界では潮干狩りは重要な漁業の一種として行われているところもある。ですがこれは日本も同じことだろう、今でこそ漁業といえば漁船を用いて沖合の海へと出て魚を鹵獲する事を指していますが、潮干狩りもれっきとした漁業となっている。慣例的に遊びの一貫として敷いている地域もありますが、貴重な食料であり経済を維持するために必要な製品という点も考えると、有料とはいえ好きなだけ取り放題というような施策を行っている日本は異常なのかもしれません。

やっている分には全く持って関係ありません、潮干狩りをする上ではとにかく採ったもん勝ちだ。